食材保存の基本 | 料理初心者 | 初めての料理

食材保存の基本

ここでは食材を保存するにあたって基本的な保存の仕方と注意事項を確認していきたいと思います。

 

食材ごとの保存方法

肉類

肉類は鮮度が著しく低下するため、買ってきた当日中に食べるようにします。

当日中に食べる場合は冷蔵保存します。

翌日以降食べる場合は冷凍保存します。

冷凍保存するときは、購入時のパックのまま保存するのではなく、一人前ずつサランラップへ包みます。

そうすることで、解凍時に必要な分だけ解凍できます。

 

魚類

魚類も、肉類同様に鮮度が著しく低下するため、買ってきた当日中に食べるようにします。

(特に刺身は当日中に食べましょう)

当日中に食べる場合は冷蔵保存します。

翌日以降食べる場合は冷凍保存します。

冷凍保存するときは、これも肉類同様に、一人前ずつサランラップへ包みます。(焼き魚用の切り身など)

ラップへ包む前に、キッチンペーパーなどで水分を取ってから包みます。

貝類は傷みやすいので特に注意しましょう。殻付きのものはそのまま冷凍します。

海老は頭と背わたを、イカはわたと皮を取り、ぬめりを取ってから冷蔵・あるいは冷凍保存します。

 

野菜類

野菜は種類によって適正温度が異なるため、保存方法が異なります。

詳しくは「野菜の保存方法。冷蔵庫に入れる?入れない?」を参照下さい。

 

スープ類

熱い場合は粗熱をとってから(冷ましてから)保存します。

1~2日の保存ならば、冷蔵保存します。

鍋に蓋をして冷蔵保存あるいは、他の器へ小分けし、ラップをして冷蔵保存します。

冷凍保存する場合は、ジップロックなど専用の保存バッグへ入れて保存します。

 

米・パン類

熱い場合は粗熱をとってから保存します。

1日程度の保存ならば冷蔵保存します。

米は器などにラップをして冷蔵保存、パンはラップで包み冷蔵保存します。

冷凍保存する場合は、どちらも一人前ずつラップで包んで保存します。

 

保存の注意事項

  • 熱い物は粗熱をとってから冷蔵あるいは冷凍するようにしましょう。
    熱いまま入れると冷蔵庫内の温度が上がり、他食品への悪影響となります。
  • 冷凍保存する場合は、一人前ずつラップで包み保存しましょう。
    まとめて保存すると必要ない分まで解凍処理しなければいけません。
  • 再冷凍は止めましょう。一度解凍したものは、品質低下や食中毒の原因となる可能性があります。

 

  • 関連記事

    野菜や果物を日持ちさせる方法

    野菜や果物が冷蔵庫の中で変色してしまったり、しんなりとしてしまって使用できなかったなど、経験はないでしょうか。 物によっては2~3日で使えるかどうか怪しい姿に変貌してしまい、はやく消費しなければと、偏った献立・偏った栄養… もっと読む »

    ブロッコリーの保存

    便秘解消の食べ物にブロッコリーを摂ろう!すぐに使える保存の仕方

    ブロッコリーは豊富なビタミンを含んでいる栄養満点の緑黄色野菜です。 期待される効果として、抗酸化作用によるがん予防効果や便秘解消が有名ですよね。 特に便秘解消!我が家でも積極的に取り組んでいます。女性に多い便秘、毎日コツ… もっと読む »

    ご飯の冷凍と保温はどちらがおいしいか。

    家庭でご飯を炊いて残ってしまった場合、どのように対処しているでしょうか。 私の家では、毎朝2合炊き上がるようにタイマーで設定されているのですが、朝だけでは食べきれずに少し残ります。 この場合、当日中に食べきってしまえるな… もっと読む »

    清潔維持!漂白・除菌にハイターを。

    ハイター除菌は週1回程度の間隔で行うようにしましょう。 ハイターの主な目的は、まな板の漂白や、排水口ゴミ受け、スポンジなどの除菌をすることにあります。 普段、蓄積されている汚れや細菌を定期的に取り除きましょう。 &nbs… もっと読む »

    なぜ塩や砂糖に漬けると長持ちするのか。

    現代では、それこそ冷凍技術の進歩によって長期保存が可能になりました。 冷凍技術が進歩する前までは、どのように食材・食品を長期に渡って保存していたのでしょうか。 それは、塩や砂糖に漬けることによって実現していました。 なぜ… もっと読む »

    生肉

    焼肉で生肉を自分の箸で触っちゃだめ。

    焼肉に限らず生肉全般に言えることですが、自分の箸(食べるのに使う箸)で生肉を触ってはいけません。 焼肉をしているときに、大皿から自分の箸で生肉を掴んで焼く人がいますが、あれはダメです。 ひどい時には、その肉を焼いた後、箸… もっと読む »

    焦げた食べ物で癌になる!?

    焦げた部分は体によくないから食べないようにと言い聞かされてこなかったでしょうか。 焦げた部分は発癌性物質が含まれているという理由から、このように焦げ目を避けることは皆さんの中でも常識となっていたと思います。 しかし、20… もっと読む »

    野菜の保存方法。冷蔵庫に入れる?入れない?

    買ってきた野菜を何でも冷蔵庫へ入れてしまってはいないでしょうか。 野菜や果物は、種類によって最適な温度が異なります。 中には、冷やしすぎることで傷んでしまう、低温障害が起きてしまうものもあります。 常温で保存できるもの、… もっと読む »

    食中毒の危険。鶏生肉は要注意!

    鶏肉は家庭でも頻繁に利用する食材ですが、扱い方を間違えると大変危険な食材となります。 これから料理を始めて行こうとしている料理初心者の方は本内容を理解し、実践していくことをおすすめします。   鶏肉の何が危険な… もっと読む »

    アボガドの切り方

    ここでは初めてアボガドを料理する方を対象に、アボガドの切り方を説明したいと思います。 アボガドの切り方 アボガドに包丁を入れます。 すると、中心部にある大きな種に刃が引っかかりますのでそのまま種の周りを1周するように切り… もっと読む »