なぜ塩や砂糖に漬けると長持ちするのか。 | 料理初心者 | 初めての料理

なぜ塩や砂糖に漬けると長持ちするのか。

  • 現代では、それこそ冷凍技術の進歩によって長期保存が可能になりました。

    冷凍技術が進歩する前までは、どのように食材・食品を長期に渡って保存していたのでしょうか。

    それは、塩や砂糖に漬けることによって実現していました。

    なぜ、塩や砂糖に漬けると保存が効くようになるのでしょうか。

    ここでは、塩や砂糖で漬ける理由とその効果をまとめてみたいと思います。

     

    食材が傷む原因は?

    常温下で食材を置いておくと、カビが生えたりあるいは腐敗したりします。

    これは細菌などの微生物増殖によるものです。

    微生物が増殖するためには水分が必要なのですが、ほとんどの食材は水分を含んでいるため、微生物にとって増殖しやすい環境なのです。

    そこで、微生物の増殖を防ぐために用いられたのが塩や砂糖でした。

     

    塩・砂糖で漬ける理由

    塩でも砂糖でも働きは同じです。

    食材に塩あるいは砂糖を塗ることによって、食材に含まれる水分が浸透作用によって塩・砂糖側へ流れ出ていきます。

    これは、なめくじに塩と同じ原理ですよね。

    なめくじに塩をかけるとなめくじの水分が塩側へ浸透して、なめくじが小さくなります。

     

    その結果

    浸透作用により、食材の水分、そして微生物の水分は、塩・砂糖側へ放出されます。

    その結果、微生物にとって必要な水分が無くなり、これらの増殖を防ぐことになります。

    微生物の増殖が減少するということは、カビや腐敗の進行も減少するということです。

    よって長期保存ができるようになります。

    塩蔵や糖蔵は味の面では全く異なりますが、食品を保存するという面では同じ働きをしていると言えます。

     

    如何でしたでしょうか。

    現代では減塩、抵糖が当たり前のようになってきてはいますが、その分だけ保存期間が短くなっていることに注意しましょう。

    以上、塩と砂糖で漬ける理由をまとめました。

     

     

  • Pocket

    関連記事

    野菜の保存方法。冷蔵庫に入れる?入れない?

    買ってきた野菜を何でも冷蔵庫へ入れてしまってはいないでしょうか。 野菜や果物は、種類によって最適な温度が異なり… もっと読む »

    食材保存の基本

    ここでは食材を保存するにあたって基本的な保存の仕方と注意事項を確認していきたいと思います。   食材… もっと読む »

    料理前には必ず手洗いを。細菌は手にあり!

    これから料理を始めていく上で、最初に気をつけてほしいことが衛生面です。 どんなにおいしい料理を作っても、その料… もっと読む »

    ご飯の冷凍と保温はどちらがおいしいか。

    家庭でご飯を炊いて残ってしまった場合、どのように対処しているでしょうか。 私の家では、毎朝2合炊き上がるように… もっと読む »

    野菜や果物を日持ちさせる方法

    野菜や果物が冷蔵庫の中で変色してしまったり、しんなりとしてしまって使用できなかったなど、経験はないでしょうか。… もっと読む »

    じゃがいも食中毒の危険性。

    じゃがいもには食中毒の可能性があることをご存知でしょうか。 以下はニュース記事の引用です。 残っていたジャガイ… もっと読む »

    上手な味見の仕方

    料理を始めて間もない頃、味見することを忘れていたり、あるいは大丈夫だろうと安易に考え、味見をせずにそのまま食卓… もっと読む »

    食物繊維摂取の必要性

    近年、食生活の欧米化やライフスタイルの変化に伴い、食物繊維の摂取量が年々低下していることが報告されています。 … もっと読む »

    野菜・果物の変色を防ぐ方法

    りんごやレンコンなどを切った後、すぐに切り口の部分が黒っぽく変色してしまい、その部分を料理に使用してもいいのか… もっと読む »

    IMG_7011

    涙を流さず玉ねぎを切る方法!

    玉ねぎを千切りにしたり、みじん切りにしなければいけない時に少し憂鬱にならないでしょうか。 そうです。玉ねぎを切… もっと読む »