ご飯の冷凍と保温はどちらがおいしいか。 | 料理初心者 | 初めての料理

ご飯の冷凍と保温はどちらがおいしいか。

  • 家庭でご飯を炊いて残ってしまった場合、どのように対処しているでしょうか。

    私の家では、毎朝2合炊き上がるようにタイマーで設定されているのですが、朝だけでは食べきれずに少し残ります。

    この場合、当日中に食べきってしまえるならば冷ましてから冷蔵保存、食べきれない場合は冷凍保存をします。

    炊飯器の保温機能では、ご飯が固くなったり、黄ばんだりしておいしくなくなる、そういう印象を持ちます。

    ここでは、そんなご飯の美味しいさを保つ方法をまとめてみました。

     

    ご飯の黄ばみの正体。

    ご飯の黄ばみは、ご飯の旨み成分である糖とたんぱく質に含まれるアミノ酸が反応して変質することによって起こります。

    これは、色が変わるだけでなく、旨み成分が変質するので味も落ちてしまいます。

    そして、黄ばみが起こりやすいのは、炊飯器の保存温度である70度くらいで起こりやすい現象です。

    それではやはり冷蔵あるいは冷凍するのが美味しさを保つには良いのでしょうか。

     

    冷蔵保存。

    まず、ご飯を冷蔵するとどういうことが起こるのか見ていきましょう。

    ご飯を炊くことによってβデンプンがα化するのですが、冷蔵することによってこれが再びβ化して元に戻り、水分が蒸発します。つまり、パサパサになります。

    ご飯のデンプンが最も老化しやすいのは0度で、冷蔵庫の温度は3度~5度です。

    このように老化しやすい温度下で保存することになり、冷蔵庫では老化が進みやすいのです。

     

    冷凍保存。

    それでは、冷凍保存の場合はどうでしょうか。

    冷凍庫の温度はマイナス18度以下で保存できるようになっていて、デンプンがα化された状態に近く、保存に適しています。

    つまり、ご飯は炊きたての状態でラップに包み冷凍保存が適していると言えます。

    さらに、ラップに包む時はなるべく平らにすることによって、早く中まで凍り、そして解凍時にもムラなく解凍することができるようになります。

    そしてさらに、冷凍時にアルミトレイなどに乗せて冷凍することでデンプンが最も老化しやすいのは0度をすばやく通過することができます。

     

    最近の炊飯器。

    しかし、最近ではハイテク炊飯器も開発されています。

    驚きの40時間保温炊飯器 NP-WT10-BZ

    たとえば、この炊飯器は40時間保温してもご飯が黄ばむことはないとうたわれています。

    製品詳細をみると

    人工知能AIとうるおいセンサーが釜内のごはん量を推測し、季節に関係なく最適な保温温度にコントロール。

    というように書かれています。おそらく保温温度を調節することによって、前述した黄ばみが起こりやすい温度帯から遠ざけるような工夫がされていると思われます。

    これならば、ご飯の保存にはある程度適していると考えて良さそうです。

     

    如何でしたでしょうか。

    保温、冷蔵、冷凍について、それぞれご飯の美味しさとの関係を比較してまとめてみました。

    ここでは、ご飯の美味しさを保つには、長期保存では冷凍保存が優位であること、冷蔵保存があまりよくないことがわかりました。

    また、現代ならではのハイテク技術によって、ご飯の美味しさを維持しながら保温時間を延ばす取り組みも成され、短期的な保存には炊飯器の保温でもまかなえることが分かりました。

     

    皆さんの生活にあった美味しいご飯の保存方法を選択して下さいね。

     

     

  • Pocket

    関連記事

    料理前には必ず手洗いを。細菌は手にあり!

    これから料理を始めていく上で、最初に気をつけてほしいことが衛生面です。 どんなにおいしい料理を作っても、その料… もっと読む »

    野菜や果物を日持ちさせる方法

    野菜や果物が冷蔵庫の中で変色してしまったり、しんなりとしてしまって使用できなかったなど、経験はないでしょうか。… もっと読む »

    野菜の保存方法。冷蔵庫に入れる?入れない?

    買ってきた野菜を何でも冷蔵庫へ入れてしまってはいないでしょうか。 野菜や果物は、種類によって最適な温度が異なり… もっと読む »

    なぜ塩や砂糖に漬けると長持ちするのか。

    現代では、それこそ冷凍技術の進歩によって長期保存が可能になりました。 冷凍技術が進歩する前までは、どのように食… もっと読む »

    食材保存の基本

    ここでは食材を保存するにあたって基本的な保存の仕方と注意事項を確認していきたいと思います。   食材… もっと読む »

    油の酸化と再利用について注意しましょう。

    揚げ物料理などで残った大量の油などは再利用しているでしょうか。それとも破棄しているでしょうか。 ここでは油の酸… もっと読む »

    ほうれん草のあく抜きに砂糖を!

    ほうれん草の御浸しなどを食べてみて少しあくが残っていてえぐいと感じたことはないでしょうか。 ほうれん草のあくは… もっと読む »

    牛乳

    牛乳の膜の正体は?膜を張らないようにする方法

    牛乳を温めると表面に膜ができますよね。この膜、なんだか気持ちわるいなーと取り除いているのは私だけではないはずで… もっと読む »

    料理初心者でも焼きそばを美味しく作るコツ。

    焼きそばを初めて作る時に料理初心者の方が良くやってしまうミスは、ベタベタの焼きそばを作ってしまうことです。 も… もっと読む »

    小麦粉と片栗粉の違い

    唐揚げを作るとき、皆さんは何を塗しているでしょうか。 鶏肉に小麦粉を塗すでしょうか。それとも、片栗粉を塗すでし… もっと読む »