油の酸化と再利用について注意しましょう。 | 料理初心者 | 初めての料理

油の酸化と再利用について注意しましょう。

  • 揚げ物料理などで残った大量の油などは再利用しているでしょうか。それとも破棄しているでしょうか。

    ここでは油の酸化についての基本的な知識を身につけ、実際に料理する上で気を付けていきたいことをまとめています。

    まず最初に、油の酸化する原因から見ていきましょう。

     

    油の酸化原因

    油は長期に渡って、酸素や熱、光などにさらされると酸化が進み毒性を示すようになります。

    このため、一度開栓してしまった油は使用前後に関わらず適切に保存しておく必要があります。

    油を可能な限り傷めないように使用していくにはどうすれば良いでしょうか。

    より詳しくそれぞれの酸化原因を知り、対策を考えましょう。

     

    油にとって酸素は大敵

    油の酸化に対して最も影響が大きいのは酸素です。

    空気中に含まれる酸素と油が結合することで酸化反応が起こります。油と酸素が触れないようにするためには、真空状態等にする必要があり、一度開栓すると、酸素に触れるため使用・未使用に関わらず酸化は進行していきます。

     

    使用した油は酸化が進む

    次に、熱によって酸化速度は変化します。

    一般に10℃上昇するごとに反応速度は2倍になるといわれており、使用した油は未使用の油に比べて酸化が進むことになります。

    残った油を再利用する場合、その油は酸化が進んでいる状態であるという認識は必要です。

     

    油の保存場所に注意する

    光にさらされることでも酸化速度は速まります。

    太陽光や蛍光灯の光によって酸化速度は速まるのです。

    光による酸化を防止するためには、アルミ箔などでしっかり遮光するあるいは、光の当たらない場所で保管するようにして下さい。

     

    油の酸化によって起こること

    一般的に動物油よりも植物油のほうが酸化しやすいようです。

    動物油は牛脂、ラード(豚脂)、バターなどがあり、植物油はコーン油、大豆油、ごま油などがあります。

    油が酸化することによって、味の低下、変色(茶色、褐色など)、不快臭、毒性をもつ有害物質が発生します。

    料理をする上で、見た目はもちろん、匂い、さらには健康被害の可能性についても注意しましょう。

     

    まとめ

    開栓後の油は酸化しやすくなっていますので、光の当たらない場所で保存しましょう。また、火を通している油は酸化が進行していることにも注意しましょう。

    油は日常的に使用するもので、様々な料理に使われるベースにもなります。

    油を適切に使用していくことで、いっそうおいしい料理を作れるようになるはずです。

     

     

  • Pocket

    関連記事

    がん予防のための食事

    ここでは、米国対がん協会(American Cancer Society)が2012年に公表した「がん予防のた… もっと読む »

    生肉は牛よりも豚のほうが危険!

    厚生労働省は2012年7月から牛を生食用として販売・提供することを禁止しましたが、その後、代わりに豚の生食を販… もっと読む »

    焦げた食べ物で癌になる!?

    焦げた部分は体によくないから食べないようにと言い聞かされてこなかったでしょうか。 焦げた部分は発癌性物質が含ま… もっと読む »

    たまごは1日1個まで説の真偽

    昔からたまごは1日に1個までと言い聞かされて来なかったでしょうか。 これは、たまごに含有している成分を過剰に摂… もっと読む »

    じゃがいも食中毒の危険性。

    じゃがいもには食中毒の可能性があることをご存知でしょうか。 以下はニュース記事の引用です。 残っていたジャガイ… もっと読む »

    なぜ塩や砂糖に漬けると長持ちするのか。

    現代では、それこそ冷凍技術の進歩によって長期保存が可能になりました。 冷凍技術が進歩する前までは、どのように食… もっと読む »

    料理初心者の用意すべき必須調味料

    ここでは今から料理を始めようと考えている料理初心者の方が必ず用意すべき調味料を紹介しています。 いざ料理をしよ… もっと読む »

    ご飯の冷凍と保温はどちらがおいしいか。

    家庭でご飯を炊いて残ってしまった場合、どのように対処しているでしょうか。 私の家では、毎朝2合炊き上がるように… もっと読む »

    焦げた食べ物で癌になる!?

    焦げた部分は体によくないから食べないようにと言い聞かされてこなかったでしょうか。 焦げた部分は発癌性物質が含ま… もっと読む »

    とろみをきれいにつけるコツ

    料理でとろみをつける時に、きれいにとろみがでなかったことはないでしょうか。 思ったよりもとろみがでないと思い、… もっと読む »