牛乳の膜の正体は?膜を張らないようにする方法 | 料理初心者 | 初めての料理

牛乳の膜の正体は?膜を張らないようにする方法

牛乳
  • 牛乳を温めると表面に膜ができますよね。この膜、なんだか気持ちわるいなーと取り除いているのは私だけではないはずです。

    見た目はアレですが、実は膜の正体は脂質やタンパク質であり、害のあるものではありません。

     

    牛乳を温めると空気に触れている表面から水分が蒸発して、濃縮凝固することによって皮膜が形成されます。

     

    その結果、この膜が誕生します。

     

    見た目も口当たりもよくない膜。

    いつもは取り除いていたかもしれませんが、実は栄養のかたまりなので今回を期に考えを改めてみましょう。

     

    牛乳の膜は栄養たっぷり

    牛乳の膜はほぼ脂肪とたんぱく質で形成されているので、栄養のかたまりのようなものです。

    つまり、膜を取り除くということは牛乳の栄養をゴッソリ捨てている、と言っても過言ではありません。

    見た目も口当たりも気持ち悪いなーと思うかもしれませんが、害のある物ではないので安心してください。

    むしろ、そこに栄養が詰まっているのならば、膜を食べるべきです。

     

    ・・・無理ですよね。

     

    そこで、膜を作らないように加熱する方法を見ていきたいと思います。

     

    膜を張らないように加熱する方法

    膜を張らないようにするには2つの方法があります。

     

    1つは、加熱の温度に気をつけること。

    もう1つは、混ぜることです。

     

    まず、加熱温度ですが、65度あたりから膜の形成が始まるようです。

    だから、これ以下で温めれば・・・と言いたいところですが、温めるときって大抵65度は超えていますよね。

     

    そこで、混ぜながら温めるという方法が現実的です。

     

    混ぜながら温めることで、膜ができても再び溶かすことができます。

    これなら温度にそれほどシビアにならずに膜が張ることもありません。

    ただし、器に注いだ後も混ぜてないと膜が張ります。65度あたりで膜は形成されるので、ある程度冷めるまで混ぜ続ける必要があるので注意しましょう。

     

     

    今回、料理で牛乳を使うにあたって、結構シビアになる時もあるので豆知識として記事にしました。

    私はプリンを作るときに牛乳を使うのですが、膜ができてしまうと台無しです。温度を上げすぎない・温めたあとは冷めるまで混ぜる、というのは1つのポイントではないかなと思います。

  • Pocket

    関連記事

    お肉を美味しく柔かくする方法

    比較的安価なお肉を料理に使用すると、ゴムのような噛み応えで噛み切れない、美味しくないといったことはないでしょう… もっと読む »

    野菜や果物を日持ちさせる方法

    野菜や果物が冷蔵庫の中で変色してしまったり、しんなりとしてしまって使用できなかったなど、経験はないでしょうか。… もっと読む »

    じゃがいも食中毒の危険性。

    じゃがいもには食中毒の可能性があることをご存知でしょうか。 以下はニュース記事の引用です。 残っていたジャガイ… もっと読む »

    上手な味見の仕方

    料理を始めて間もない頃、味見することを忘れていたり、あるいは大丈夫だろうと安易に考え、味見をせずにそのまま食卓… もっと読む »

    IMG_6987_01

    スナップエンドウの筋の取り方

    スナップエンドウの筋の取り方です。 スナップエンドウは調理前に筋を取るようにします。 調理後に行うと、中の豆が… もっと読む »

    野菜・果物の変色を防ぐ方法

    りんごやレンコンなどを切った後、すぐに切り口の部分が黒っぽく変色してしまい、その部分を料理に使用してもいいのか… もっと読む »

    魚に塩をふる正しいタイミング

    焼き魚へ塩をふるタイミングについてご存知でしょうか。 焼く前に塩をふるのでしょうか、焼いた後に塩をふるのでしょ… もっと読む »

    料理上手になりたい方必見!上達しないその理由。

    料理が上手くできないのは、単純に慣れていないことにありますが、実際どれくらい料理を作って上手くできないと言って… もっと読む »

    IMG_6216

    アボガドの切り方

    ここでは初めてアボガドを料理する方を対象に、アボガドの切り方を説明したいと思います。 アボガドの切り方 アボガ… もっと読む »

    IMG_6987_01

    スナップエンドウの筋の取り方

    スナップエンドウの筋の取り方です。 スナップエンドウは調理前に筋を取るようにします。 調理後に行うと、中の豆が… もっと読む »