焦げた食べ物で癌になる!? | 料理初心者 | 初めての料理

焦げた食べ物で癌になる!?

  • 焦げた部分は体によくないから食べないようにと言い聞かされてこなかったでしょうか。

    焦げた部分は発癌性物質が含まれているという理由から、このように焦げ目を避けることは皆さんの中でも常識となっていたと思います。

    しかし、2011年に国立がん研究センターは「がんを防ぐための12か条」を実に30年ぶりに改訂しました。

    日本人を対象とした疫学調査や現時点で科学的に妥当な研究方法で明らかとされる証拠をもとに改訂されました。

    この改訂に伴い、従来あった「焦げた部分は避ける」の項目が無くなりました。

     

    焦げた食べ物では癌にならないのか

    そこで気になることといえば、従来の内容は誤りだったのかということです。

    肉や魚にはアミノ酸が含まれているのですが、このアミノ酸に熱を加えることで、ヘテロサイクリックアミンという化合物が作られます。

    ラットによる動物実験では焦げを食べさせ続けても癌にはならなかったそうですが、化学合成したヘテロサイクリックアミンを食べさせ続けた結果、癌になったことから12か条に含まれたそうです。

     

    焦げた食べ物は食べていい?

    上述した通り、肉や魚の焦げた部分には発がん性物質が含まれていますが、極めて少量です。

    実験を行った研究者によると、焼き魚の皮や焼肉の焦げで発ガンするには秋刀魚なら2万匹も食べる必要があるそうです。これを計算してみると、3食焦げた秋刀魚を食べたとしても15年以上かかりそうです。

    さらに人の細胞が焦げによって発ガンする可能性はラットの10分の1程度でしかないという実験結果もでているようです。

    つまり、焦げた食べ物は発がん性物質を含んではいますが、極めて神経質に考える必要もないようです。

    しかし、WHO(世界保健機関)およびIARC(国際がん研究機関)は2003・2004年時点で癌のリスクをあげるものとして上述しているヘテロサイクリックアミンを取り上げていることにも注意しておきたいです。

    焦げについては故意に摂取することなく、気をつける程度に心がけていきましょう。

     

    癌リスクを下げるにはバランスのよい食事を

    焦げによる癌リスクについては、少ないながらも発がん性物質を含んでいたため無理に摂取することは避けるのが良いと考えました。

    過剰摂取によって癌のリスクを上げる可能性のある成分などは報告されていますが、一方で、これを摂取すれば確実に癌リスクを下げるという単一の食品や栄養素は発見されていません。

    このため、バランスよく食事を取ることがリスク分散の原則とされています。

    食事は偏らずにバランスよくとること、塩分を摂りすぎないこと、そして野菜・果物不足にならないようにすること、飲食物を熱い状態でとらないことなど、癌リスクを下げる取り組みとして薦められています。

    料理をする時にはバランスを考え、偏った食事にならないように注意していきましょう。

     

  • Pocket

    関連記事

    加熱すれば食中毒菌が死滅するとは限らない

    近年、食中毒の対策として「よく加熱すること」が注目されていますが、耐熱性のある細菌がいることをご存知でしょうか… もっと読む »

    じゃがいも食中毒の危険性。

    じゃがいもには食中毒の可能性があることをご存知でしょうか。 以下はニュース記事の引用です。 残っていたジャガイ… もっと読む »

    生肉

    焼肉で生肉を自分の箸で触っちゃだめ。

    焼肉に限らず生肉全般に言えることですが、自分の箸(食べるのに使う箸)で生肉を触ってはいけません。 焼肉をしてい… もっと読む »

    食中毒の危険。鶏生肉は要注意!

    鶏肉は家庭でも頻繁に利用する食材ですが、扱い方を間違えると大変危険な食材となります。 これから料理を始めて行こ… もっと読む »

    生肉は牛よりも豚のほうが危険!

    厚生労働省は2012年7月から牛を生食用として販売・提供することを禁止しましたが、その後、代わりに豚の生食を販… もっと読む »

    甘酒

    飲む点滴?!甘酒の効果と作り方

    甘酒は飲む点滴と言われるほど身体に良いものです。先日、テレビ番組でも現役医師の9割以上が摂取に賛成していました… もっと読む »

    とろみをきれいにつけるコツ

    料理でとろみをつける時に、きれいにとろみがでなかったことはないでしょうか。 思ったよりもとろみがでないと思い、… もっと読む »

    野菜や果物を日持ちさせる方法

    野菜や果物が冷蔵庫の中で変色してしまったり、しんなりとしてしまって使用できなかったなど、経験はないでしょうか。… もっと読む »

    野菜の保存方法。冷蔵庫に入れる?入れない?

    買ってきた野菜を何でも冷蔵庫へ入れてしまってはいないでしょうか。 野菜や果物は、種類によって最適な温度が異なり… もっと読む »

    がん予防のための食事

    ここでは、米国対がん協会(American Cancer Society)が2012年に公表した「がん予防のた… もっと読む »