キウイの効果効能と選び方 | 料理初心者 | 初めての料理

キウイの効果効能と選び方

・効果、効能

たんぱく質分解酵素(アクチニジン)を含んでいるので、果汁やつぶした果肉の中に生の肉をつけておくと、肉がやわらかくなります。また、肉料理と相性が良く消化を助ける効果があります。

・選び方

キウイの選び方は、触ってみて弾力のあるものを選びます。

・栄養

キウイはカリウム、食物繊維、そしてレモンの2倍のビタミンCを含んでいます。

・保存方法

キウイの保存に最適な温度は0~1℃です。

熟しているものは冷蔵庫へ、軽く握った時に固くて熟していないものは追熟させるため常温で保存します。

・料理方法

果肉を横半分に切り、スプーンでくりぬく。あるいは、果皮をむいて輪切りにする。

・旬の時期

キウイの旬の時期は、10月~11月頃です。

・食べ方と簡単なレシピ

果皮をむき、生のまま食べるとおいしいです。
鮮やかな色を活かして、サラダやケーキなど入れます。
消化を助ける効果もあるので、肉料理とも相性が良いです。

  • 関連記事

    ライムの効果効能と選び方

    ・効果、効能 ライムに含まれる(特に果皮に含まれる)エリオシトリンは強力な抗酸化作用をもち、また腸内での脂肪吸収を抑制する働きによる肥満予防、動脈硬化予防、筋肉の老化予防などが期待されています。 ・選び方 ライムの選び方… もっと読む »

    りんごの効果効能と選び方

    ・効果、効能 腸に刺激を与える食物繊維のペクチンが多く含まれることから、腸内の善玉菌を増やし、整腸効果があるとされています。 また、多く含まれるカリウムは血圧を下げる効果や癌リスクを下げる効果も期待されています。 りんご… もっと読む »

    ぶどうの効果効能と選び方

    ・効果、効能 ぶどうはブドウ糖を比較的多く含むことから、夏バテ対策や疲労回復の効果があります。 ブドウ糖は体内で筋肉や脳、そして各臓器のエネルギー源として働きます。 また、ぶどうの種や皮には抗酸化作用を持つポリフェノール… もっと読む »

    洋ナシの効果効能と選び方

    ・効果、効能 洋ナシに含まれるカリウムは高血圧の予防効果、ソルビトールはのどの炎症に効果的とされています。 水分と食物繊維が比較的多いので便秘改善に良いとされています。 また、たんぱく質分解酵素を含んでいるため、肉料理と… もっと読む »

    ゆずの効果効能と選び方

    ・効果、効能 ゆずに含まれるベータ・カロテン、ヘスペリジン、ビタミンCは強い抗酸化作用を持つと言われています。 抗酸化作用によって感染症予防・老化防止・肌トラブル解消・疲労回復など様々な効果があります。 抗酸化作用とは、… もっと読む »