梨の効果効能と選び方 | 料理初心者 | 初めての料理

梨の効果効能と選び方

  • ・効果、効能

    梨は熱を下げ、痰や咳を鎮める作用があります。
    また、梨に含まれるリンゴ酸とクエン酸は疲労回復作用があります。

    ・選び方

    梨の選び方は、果皮にツヤがあるもの、手で持ったときに重いもの、横に張っているものを選びます。

    ・栄養

    糖質(果糖、ブドウ糖、ショ糖を含む)が多く、ビタミンは少ないです。

    ・保存方法

    梨は収穫後できる限りはやく食べるのが良いです。
    保存する場合は、冷暗所で3~4日、冷蔵庫の場合は乾燥しないように野菜室で保存して1週間程度です。

    ・料理方法

    果皮や種を取り除き、生のまま食べます。
    果皮や種のまわりは酸味が強いので、果皮は厚めに剥き、種の部分は大きく切り取ります。

    ・旬の時期

    梨の旬の時期は、7月上旬~9月頃です。

    ・食べ方と簡単なレシピ

    冷やしすぎると甘味がなくなるので、食べる1~2時間前に冷蔵庫へ入れるようにします。

  • Pocket

    関連記事

    りんごの効果効能と選び方

    ・効果、効能 腸に刺激を与える食物繊維のペクチンが多く含まれることから、腸内の善玉菌を増やし、整腸効果があると… もっと読む »

    あんずの効果効能と選び方

    ・効果、効能 あんずの果肉には体を温める作用があり、冷え性を緩和する効果があります。 あんずに含まれるベータ・… もっと読む »

    ゆずの効果効能と選び方

    ・効果、効能 ゆずに含まれるベータ・カロテン、ヘスペリジン、ビタミンCは強い抗酸化作用を持つと言われています。… もっと読む »

    ぶどうの効果効能と選び方

    ・効果、効能 ぶどうはブドウ糖を比較的多く含むことから、夏バテ対策や疲労回復の効果があります。 ブドウ糖は体内… もっと読む »

    マンゴーの効果効能と選び方

    ・効果、効能 マンゴーはビタミンCを含むことから、免疫力を高める効果があるとされています。 また、βカロテンを… もっと読む »