ライムの効果効能と選び方 | 料理初心者 | 初めての料理

ライムの効果効能と選び方

  • ・効果、効能

    ライムに含まれる(特に果皮に含まれる)エリオシトリンは強力な抗酸化作用をもち、また腸内での脂肪吸収を抑制する働きによる肥満予防、動脈硬化予防、筋肉の老化予防などが期待されています。

    ・選び方

    ライムの選び方は、果皮に傷がなくツヤのあるもの、ヘタがかたくてみずみずしいものを選びます。

    ・栄養

    ライムはビタミンC・クエン酸を多く含み、レモンよりも酸味が強いです。

    ・保存方法

    レモン同様、乾燥しないようにポリ袋(ジップロックなど)へ入れて空気を抜き冷蔵保存します。
    冷蔵庫で1ヶ月ほど保存できます。

    ・料理方法

    横半分に切り、果汁を絞って利用します。

    ・旬の時期

    ライムの旬の時期は10月~4月頃です。

    ・食べ方と簡単なレシピ

    果汁を絞り、ドレッシングやジュース・お酒などに利用します。
    また、果皮も香り付けとして調理に利用できます。

  • Pocket

    関連記事

    りんごの効果効能と選び方

    ・効果、効能 腸に刺激を与える食物繊維のペクチンが多く含まれることから、腸内の善玉菌を増やし、整腸効果があると… もっと読む »

    マンゴーの効果効能と選び方

    ・効果、効能 マンゴーはビタミンCを含むことから、免疫力を高める効果があるとされています。 また、βカロテンを… もっと読む »

    レモンの効果効能と選び方

    ・効果、効能 はちみつ漬けにしたレモンを食べると疲労回復の効果があります。 レモンに多く含まれるフラボノイド、… もっと読む »

    kiwi-fruit-74273_640

    キウイの効果効能と選び方

    ・効果、効能 たんぱく質分解酵素(アクチニジン)を含んでいるので、果汁やつぶした果肉の中に生の肉をつけておくと… もっと読む »

    パイナップルの効果効能と選び方

    ・効果、効能 パイナップルは、たんぱく質分解酵素(ブロメリン)を含んでいるため、消化を助ける効果があります。食… もっと読む »